Funguard オンラインヘルプ

ブラウジング

タブブラウザとしての基本機能を備えているので、動画だけでなく様々なサイトの再生を快適に行えます。

64bit 版も提供しているので、64bit OS をご利用の環境では、より快適なブラウジングが実現します。

  • お好みのスタイルに設定できるタブ

    • タブの設定

      縦置き、多段表示など、表示方法や動作を簡単に切り替えられます。

      タブのコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から、設定変更が行えます。

      • タブをフレームに表示する

        • タブをフレームに表示

        • タブをフレームに表示しない(クライアント領域へ表示)

      • タブ表示位置の変更

        • 横置き、縦置き表示

          上、下へ配置すると、横置き表示、左、右へ配置すると、タブは縦置き表示となります。

          ワイドサイズのモニタをご利用の場合、縦置きタブを利用することで、表示領域を有効に活用できるようになります。

      • タブスタイルの変更

        • 一行表示

          全てのタブが一行に表示されます。

        • 多段表示

          タブが一行に収まらない場合、複数の行で表示します。

      • タブを閉じたときにアクティブにするタブの設定

        タブを閉じたときに、次にどのタブをアクティブにするかを設定できます。

      • アクティブなタブを再利用する

        検索結果、お気に入り、動画リストなどを開くとき、アクティブなタブを再利用して開くか、新規タブで開くかを切り替えます。こちら の設定画面より設定できます。

    • 最後に閉じたタブを開く

      最後に閉じたタブを開きます。間違えて閉じたページを開くときに便利です。

      キー割り当ての初期設定では CTRL + SHIFT +T に割当てています。

  • ブックマーク

    Funguard 独自のブックマークが利用できます。動画だけではなく、一般的なインターネットブラウザのブックマークとしてできます。

    • ブックマークペイン

      D&D でブックマークの整理ができます。

    • ブックマークバー

      ブックマークバーからもブックマークペインと同様、D&D でブックマークの整理ができます。

      ブックマークバーを非表示にしているときには、「新しいタブ」画面にブックマークバーが表示されます。

    • ブックマークメニュー

      標準メニューからもブックマークを表示できます。

    • ブックマークのインポート

      外部ブラウザからのブックマークインポート機能を実装しています。

      • Internet Explorer お気に入りのインポート

        Internet Explorer のお気に入りフォルダからお気に入りをインポートします。

      • Firefox ブックマークのインポート

        Firefox のブックマークをインポートします。Firefox のブックマークが保存されている JSON 形式ファイルを読み込んでインポートします。Firefox がインストールされている環境では、自動的にブックマークファイルを検索します。

      • Chrome ブックマークのインポート

        Chrome のブックマークをインポートします。Chrome のブックマークが保存されている JSON 形式ファイルを読み込んでインポートします。Chrome がインストールされている環境では、自動的にブックマークファイルを検索します。

      • HTML 形式のブックマークのインポート

        他ブラウザなどで作成された HTML 形式のブックマークをインポートします。Opera のブックマークをインポートする場合にも利用できます。

  • 履歴

    Funguard 独自の Web サイト閲覧履歴です。

    • 日付順に表示

      履歴を日付順に表示します。日付毎、ドメイン毎のフォルダに分けられます。

    • サイト順に表示

      履歴をサイト順に表示します。ドメイン毎のフォルダに分けられます。

    • サイトを表示した回数順に表示

      履歴を表示した回数順に並べて表示します。

    • 今日表示したページ順に表示

      今日表示したページを閲覧順に表示します。

  • アドレスバー

    アドレスバーに URL を入力、Enter キーを押すと、ページへ移動します。

    • 入力履歴

      ▼を押すと入力履歴が表示されます。履歴は Delete キーで削除できます。

    • オートコンプリート

      URL を入力中、以前の入力履歴より候補が表示されます。URL の履歴の候補は、Internet Explorer が持っている URL 履歴を使用します。

    • アドレスバーからの検索

      アドレスバーに URL 以外の文字列を入力、Enter を押した場合は Web 検索の結果が表示されます。

    • バーの幅調節

      アドレスバーと検索バーの間にマウスカーソルを合わせると、バーの幅を調節できます。

  • 検索バー

    検索キーワードを入力して Enter を押すと選択されているサイトから検索できます。

    • 検索履歴

      検索バーに何も入力していない状態で↓キーを押すと入力履歴が表示されます。履歴は Delete キーで削除できます。

    • 検索ボタン

      検索ボタンの検索エンジンで検索します。文字を入力せずにボタンを押した場合は、検索ボタンのサイトへ移動します。